スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

民主、参院愛媛に女性新人=小沢氏発表、社民は反発(時事通信)

 民主党の小沢一郎幹事長は16日午後、松山市で記者会見し、夏の参院選愛媛選挙区(改選数1)に新人でNPO法人理事の岡平知子氏(52)を擁立すると発表した。
 岡平氏は2009年衆院選愛媛2区に社民党から出馬し、落選した。民主党が岡平氏を引き抜く形で参院選に擁立することに、社民党は反発している。これに関し、小沢氏は「社民党も一緒に支援できる候補者をと努力してきたが、見いだせなかった」と説明した。 

【関連ニュース】
税なしでデフレ脱却、財政再建は可能~みんなの党・渡辺喜美代表インタビュー~
なれ合い政治から脱却を~自民党・園田幹事長代理インタビュー~
自民の歴史的役割終わった~自民・舛添要一前厚生労働相インタビュー~
社会保障改革に立ちはだかる「既得権益層」
政界再編含み 政局は五月「最大のヤマ場」へ

<成田貨物機炎上>原因は異常操作と「ウインドシア」警報(毎日新聞)
タケノコ 収穫ピーク 北九州の観光園(毎日新聞)
<カンヌ映画祭>北野武監督の新作出品(毎日新聞)
「法廷で真実話して」…歩道橋事故強制起訴(読売新聞)
<温室ガス>削減目標達成しても2割増 独研究チーム試算(毎日新聞)

被災地での支援マニュアルを作成-全国ホームヘルパー協議会(医療介護CBニュース)

 全国ホームヘルパー協議会はこのほど、被災地の避難所における活動ポイントをまとめた「ホームヘルパーのための避難所支援マニュアル」を作成した。実際の避難所で活動した会員らの経験を基に作成したマニュアルで、同協議会ではホームページ上で公開するほか、研修会などでも活用して内容を周知していく方針だ。

 同協議会では、2004年に発生した新潟県中越地震以降、被災地に会員を派遣し、避難所での要介護者の支援を手掛けている。避難所で活動するヘルパーからは、「要介護者が避難所に入った場合、生活のリズムが崩れ、介護度が上がってしまう場合がある」「避難所でも要介護者の生活のリズムを維持する工夫が必要」といった意見が上がっていた。

 こうした現場の声を受け、同協議会では、避難所支援の目的や具体的な方法、ポイントなどをまとめ、会員に周知することを決定。07年に発生した新潟県中越沖地震や能登半島地震の避難所で要介護者の支援にあたったヘルパーから集めた情報を基にマニュアルを作成した。

 マニュアルは、「避難所に行くまでの準備」「避難所での支援」「連携」「引き継ぎ」などの項目で構成されている。特に避難所での支援については、「水道が止まっている場合は、洗い物ができないのでお皿にラップをまく」「(要介護者は布団の上でご飯を食べていることが多いので)段ボールなどをお盆、食卓代わりとして活用する」「引き継ぎは、原則として次のヘルパーと顔を合わせて行う」など、日々の活動の細かな注意点について説明している。
 また、起床・就寝時間や食事・掃除のタイミングなど、典型的な避難所における一日の流れを例示した資料も添付されている。


【関連記事】
災害医療で「医師会JMAT」を提案-日医委員会
災害に直面する高齢者、介護スタッフが救う
四川大地震、支援スタッフが現状を報告
災害時の活動知らせるユニークな研修―日赤
「平成20年8月末豪雨」で日赤が救護活動

寛仁親王殿下が5月にトルコへ(産経新聞)
火山噴火 政治、スポーツ、芸能活動にも影響(産経新聞)
<地震>和歌山市などで震度2(毎日新聞)
山崎さん、宇宙基地退去=同時滞在の野口さんに別れ-シャトル19日帰還(時事通信)
ホームセンター駐車場で4歳、車にひかれ死亡(読売新聞)

頭部も女性会社員=DNA型が一致-福岡県警(時事通信)

 福岡市の博多湾で会社員諸賀礼子さん(32)の切断遺体が相次いで見つかった事件で、福岡県警は16日、同市中央区の須崎埠頭(ふとう)付近の海面で見つかった頭部も、DNA型鑑定の結果、諸賀さんの遺体の一部と確認した。 

がん検診受診率、「なかなかショッキング」(医療介護CBニュース)
“小沢2法案”波乱の目 「政治主導確立」「国会改革関連」(産経新聞)
<特養老人ホーム>個室面積の最低基準緩和 施設建設推進で(毎日新聞)
<川崎マンション火災>重体の4歳次男も死亡(毎日新聞)
子供のライター遊び火災、5年で28件 新潟県が注意喚起(産経新聞)

阿波おどりは基本教養、徳島市新人職員が研修(読売新聞)

 徳島市が行政事務職などで今年度新規採用した職員40人が7日、研修で阿波おどりを体験した。

 34人は県内出身だが、全体で20人が未経験だったといい、市は「徳島市職員の基本教養の一つ」として学ばせた。

 市は、阿波おどりが地域の重要な伝統文化で、「徳島市の職員は、県外の人からは全員が踊れると思われがち」――などを理由に、17年前から新人研修に演習を導入しているという。

 有名連所属の市職員が講師を務め、阿波おどりの歴史や作法を講義。新人職員たちは、先輩からリズムの取り方や足の運び方を教わり、間違った動きを注意されながらも、それぞれ楽しんで学んだ。馬越和也さん(29)は愛媛県今治市出身で今回が初体験。「運動不足できつかったが、市民と触れあう機会にもなるので、夏はぜひ参加したい」と話した。

海外客誘致へ「嵐」起用=人気グループ、日本の顔に-観光庁(時事通信)
<患者骨折>元看護師を再逮捕…別の女性への容疑 兵庫県警(毎日新聞)
教育一括交付金を検討=使途、地域の裁量に-文科省(時事通信)
マニフェストの進捗でヒアリング―民主党研究会分科会(医療介護CBニュース)
車炎上、子供4人死亡 北海道・厚沢部町(産経新聞)

パンダが自然交配=順調なら7~9月出産-和歌山(時事通信)

 和歌山県白浜町のレジャー施設「アドベンチャーワールド」は1日、雄のジャイアントパンダ永明(エイメイ)と雌の良浜(ラウヒン)が自然交配したと発表した。順調にいけば、7月から9月に出産するという。
 同施設で2000年に生まれた良浜は、08年にも永明と自然交配し、雄と雌の双子の赤ちゃん梅浜(メイヒン)と永浜(エイヒン)を出産。日本生まれのパンダでは初出産で、注目を集めた。
 ジャイアントパンダの発情期は短く交配の機会は2日程度しかないため、自然交配は極めて難しいとされている。 

【関連ニュース】
和歌山のパンダ、中国へ=2年後、繁殖活動に
キャラクターで連携=パンダとキティ
いすゞ、天然ガス車4200台リコール=フィアットの乗用車も2500台
上野動物園のパンダ復活=11年に中国から2頭
肉のうま味が分からない?=「主食は竹」の一因か

自民・大島幹事長、舛添氏に参院選へ協力要請(読売新聞)
父離れた30分内に炎上…幼児4人死亡(読売新聞)
<参院選>「小沢ガールズ」再び 新人27人中、女性13人(毎日新聞)
宅八郎氏を起訴猶予=男性への脅迫事件-神戸区検(時事通信)
インサイダー取引で3被告に有罪(産経新聞)
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。