スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

徳島線

徳島線(とくしません)は、徳島県三好市の佃駅から徳島県徳島市の佐古駅に至る四国旅客鉄道(JR四国)の鉄道路線(地方交通線)である。よしの川ブルーラインの愛称が付けられている。日本国有鉄道(国鉄)時代、佐古駅 - 徳島駅間は高徳本線にも属する重複区間であったが、運賃は幹線運賃が適用される高徳本線として計算していたこともあり、民営化時に徳島本線を佐古駅終点として重複区間は解消された。また民営化後の1988年にJR四国は線路名称を改正し、徳島本線を徳島線に改称した。概要吉野川に沿って徳島県の東西を結んでいる。かつては小松島港発着の船と接続し、小松島線(現存せず)、牟岐線を経由して関西と高知間を結ぶ役割も持っていた。JR四国では国鉄民営化以降、独自の車両である1000形気動車を徳島・高知エリアを中心に導入した。また、2006年5月25日からは1500形気動車を徳島地域に優先して導入するなど、徳島線はローカル線でありながら新型車両が多く走る線区である。路線データ管轄(事業種別):四国旅客鉄道(第一種鉄道事業者)路線距離(営業キロ):67.5km軌間:1067mm駅数:24駅(起終点駅含む)複線区間:なし(全線単線)電化区間:なし(全線非電化)閉塞方式: 単線自動閉塞式(佃 - 辻間)自動閉塞式(特殊)(辻 - 佐古間)最高速度:110km/h指令所:高松指令所運行形態正式な起点は佃駅だが、列車運行上は佐古駅から佃駅へ向かう列車が下り、逆方向が上りとなっている。これは、佃駅で接続する土讃線に方向をあわせたためである。また、歴史的な経緯により高徳線の徳島駅と土讃線の阿波池田駅が実質的な起終点駅であり、線路戸籍上の起終点駅である佐古駅、佃駅を起終点とする列車は運転されていない。優等列車としては海部・徳島 - 穴吹・阿波池田間の特急「剣山」が運転されている。 また、2009年3月のダイヤ改正で1本のみ上りの海部行きの特急「むろと」が設定された。しかし、下りの牟岐線から直通してくる特急も含めて他の特急はすべて「剣山」となっている。なお、牟岐線へ直通する特急は2009年6月現在ではこの「むろと」1本のみである。普通列車は毎時2 - 3本程度運行されており、徳島 - 阿波池田間の列車のほか、徳島 - 穴吹間、徳島 - 阿波川島間の区間運転や、一部は徳島駅から牟岐線と直通する列車もある。ワン

約40ブランド出展、日韓から女性モデル募集 福岡コレクション(産経新聞)
<橋下知事>支持率70% 毎日新聞調査(毎日新聞)
木嶋容疑者、睡眠導入剤すりつぶして料理に混入か 遺体の成分と一致(産経新聞)
<JR阪和線>踏切の遮断棒折れ、5万人に影響(毎日新聞)
輸入ワクチン接種始まる=卵アレルギーの人ら-名古屋(時事通信)
スポンサーサイト
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。